Interview with Team Member's Spirit

Interview : Horai Yuki

入社6年目・営業蓬莱 優貴

Q自分の仕事内容をひと言で紹介してください。

パッキンを中心とした工業用製品の営業です。
営業というのは、お客様や仕入れ先と協力して問題や課題を解決に導く仕事です。
既存顧客がメインで、新規に関しては、飛び込み営業などはせず、HPから来たお問い合わせへの対応やご紹介が中心です。

Q自分の業務の中で最も華やかな仕事は何ですか?

世界に名だたる大企業さん、日本国内のトップ企業さんを相手に商品をPRしたりとか、逆に相談されたりというのは、華やかかなぁとは思います。S日鉄さんにS特殊製鋼さん、K製鋼さんにK重工さんなどもお客様です。
また最近では、大手トイレメーカーのT社さんからお問い合わせをいただき、外国向けの新製品に入れるパッキンの件で、ご相談をいただいたりもしました。

Q自分の業務の中で最も地味だなぁと思う仕事は何ですか?

これはお客様と話すためのネタ集めです。先程、大手企業さんがお客様ですということをお話しましたが、大手であればあるほど、そこに営業に行く競合(ライバル)他社がいます。しかも、私は一人で営業に行きますが、競合は三人で営業に行っていたりもします。
私としては、競合に負けないくらいお客様のところに顔を出したいのですが、何か提供できるネタ(情報)が無いと、なかなか行きにくいというのがあります。
それから、しょっちゅう顔を出す中で、お客様から「蓬莱君は会えば、いつも情報を持ってきてくれる」と思ってもらえれば、注文もしてもらいやすくなると思うので、ネタ集めは必須かなと思っています。
ちなみに、その集めるネタというのは、時事ネタはもちろん、製品情報、業界情報、他社さんでの課題解決事例他、いくらでもあり、それを絶えずインプットし続けるというのが、好きなんですけど、個人的な作業でもあるので、地味と言えば地味かもしれません(笑)。

Q入社のきっかけを教えてください。

私が就職活動をしていたときは氷河期で、いろんな会社に面接に行っても、面接官は上から目線と言いますか、とてもぞんざいな扱いを受けました・・・。そんな中でコタニという会社は、面接のときに、お互いにとって一番良い結果になるようにと、しっかりと対話をしてくれて、ここで働きたいなぁと思いました。
それから、そもそもこの会社に興味を持ったきっかけは、世の中に絶対になくてはならないものを取り扱っているという説明を聞いて、それだけで「あぁ、かっこいいなぁ」と思い、同時に、なくてはならないものを扱っているのであれば、「将来的にも大丈夫だろう」と、正直、そんなことも思いました(笑)。

Q仕事を通じて感動したことや、嬉しかったことはどんなことですか?

超が付く大手のS日鉄さんを、お客様が紹介してくださったことです。
金属加工をされている、もともとお付き合いのあったお客様の、その現場で働かれていた方が、あるとき、現場から営業に所属が変わることになりました。
その方から「実は営業になることになりました。まだ決まってないんですけど、たぶん担当エリアは名古屋になると思います」と言われ、私自身、これから名古屋エリアも開拓していきたいと思っていたところだったので、「もし、名古屋を担当されるんやったら、いっしょに行きましょう!」と伝えていました。
すると、しばらくして、その方から連絡が来ました。「名古屋のS日鉄の方が、いいパッキン屋知らない?って探してたので、蓬莱さんのこと紹介しておきました!いっしょに行きましょう!」と言われ、さっそくいっしょに訪問させていただいたのですが、即ご購入いただき、また、そこからお仕事の話がどんどん繋がっています。
お客様のもともと現場にいらっしゃった方が、信頼してご紹介してくださったことが、最近の中ではとくに嬉しく、感動もしたことです。

Q仕事でつらかったことってどんなことですか?

これは新入社員のときのことです。半年くらいして、前任者からお客様を引き継いだのですが、最初の頃は、お客様からまったく信頼されていないと言うか、名前すら覚えてもらえていない感じでした。
それまで先輩社員といっしょに行っていたところに「一人で行っておいで」と言われて、実際に一人で行ってみると、お客様から「あぁ、これ(前任者の)○○さんに聞いときー」とか「(前任者の)○○さんに伝えといてー」とか、それが最初の頃は頻繁にあって、つらかったと言うか、ちょっとショックでしたね。信頼されてないんだなぁと思いましたし。
それで、当面の目標を、お客様から前任者の名前が出てこないようにすることに決め、そこからですね、お客様から聞かれたことにはちゃんと答えられるようになろうと、準備もしっかりするようになりました。
それから、もともと会社でメーカーの元技術者の人による製品の勉強会もありましたので、そこでしっかり勉強もするようになって、また、お客様にいろいろ教えていただいたり、仕入れ先に行って教えていただいたりしながら、少しずついろいろわかるようになっていきました。
すると、徐々にですが、名前で呼んでもらえるようにもなって、そして、あるとき、お客様が図面を持って来られ「これわかる?」と聞かれ、「自分でもわかります」と伝えると、「これのここの部分なんやけど」と、お客様からどんどん新しい情報も教えてもらえるようになり、さらに自分の知識もどんどん増えていきと、それはもう好循環で、気がつけば、前任者の名前も出なくなっていました(笑)。

Q入社前は全く期待していなかったけれど、意外と良かったこと驚いたことはありますか?

やっぱり、入社半年で、会社の創業以来の大きなお客様を任せてもらえたことです。半年しか経っていないのに「じゃあ蓬莱さん、担当なるからよろしく!」という感じで任されまして、もちろん、ちゃんとバックアップはしてもらった上でのことなので、安心してできましたが、これには驚きました。
ちょうど入社半年の頃で、大学時代の同級生と話す機会があったのですが、ほとんどが、まだ新入社員研修が終わったばかりだとか、いまやっと研修が終わってコピー係になったとか、そんなことを友人たちから聞いていましたので、コタニのスピードの速さにはちょっと驚きました(笑)。

Qコタニで実現したい夢、目標などはありますか?

目標としてなんですが、今、名古屋のS日鉄さんとご縁をいただき、また、社長もどんどん名古屋に行っていいよと言ってくれていますので、どんどん名古屋、東海地方の企業さんを開拓して、そして、コタニの名古屋支社を作りたいなというのが、当面の目標です。