こんにちは!コタニの営業担当、西村です。

今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

 

さて、先日、お客様である鉄鋼メーカーの現場の方からゴム加工品に関するご相談をいただきました。

ドイツ製の機械の中に入っているゴム加工品、そのゴム加工品単体をドイツの機械メーカーから購入しようと思ったところ、それができなかったと。

だいぶ古い機械ということもあってか、ドイツの機械メーカーがゴム加工品単体での販売はしておらず、同じものを手に入れるには、機械そのものをまた買わないといけない状況。

 

そのゴム加工品のところから漏れが生じていて、ただ、漏れていたのは常温の水ということで、急を要するわけではなかったのですが、常温の水とは言え、漏れていれば、コスト的にも作業効率的にも悪いので、ゴム加工品を交換したい。ただ、機械メーカーは、それを単体では売っていないということで、それと同じものを製作できませんか?とご相談いただきました。

 

ゴム加工品(や樹脂加工品)の製作は、コタニが得意としているところです。

多くのお客様から、コタニはパッキン屋として認識されているため、加工品の製作までやっていることを知らない方もいらっしゃるのですが、実は、得意分野です。

 

 

さっそく、そのドイツ製の機械の中に入っていた使用後と思われるゴムの加工品をお預かりしました。

当社の提携メーカーに依頼をして、製作。

まずは、必要と言われていた最低数を納入させていただき、漏れていた箇所も止まったというご報告をいただきました。(その後、在庫用としても追加のご注文をいただきました)

 

海外製の機械に入っているゴム加工品(や樹脂加工品)を国産化することで、価格だけでなく、納期についても、ダウン・短縮させることができます。

 

というわけで、ゴム加工品(や樹脂加工品)を単体で買いたいけれど、海外機械メーカーが売ってくれず困っている方、それから、海外製のゴム加工品(や樹脂加工品)を国産化し、コストダウンを実現したい!という方、いらっしゃいましたら、お気軽に、私西村までお問い合わせください。

 

お待ちしております!

 

 

 

コタニ営業担当

西村勇哉

 

 

コメントは利用できません。