こんにちは!コタニの営業担当、蓬莱(ほうらい)です。
今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

先日、某大手製鉄所のお客様から「オイルシールがきかずに2週間くらいで漏れてしまって困っています」とご相談をいただきました。そのオイルシール*は他社さんで購入されたもので、半年、1年と持たせたいところ、取り付けて2週間くらいで漏れてしまい、交換の手間ばかりが掛かってしまっている状況でした。(オイルシール*:シャフトでよく使われ、回転している軸に対してオイルシールを使い、漏れを防ぎます。)

シャフトで使われるオイルシールについて漏れが発生する原因はいくつかあります。
1.オイルシールの寸法がずれていて、隙間がある
2.条件に合わず、オイルシールがすぐボロボロになってしまう
3.シャフトの回転が速すぎる、もしくは強すぎてオイルシールがダメになってしまう
4.使われている流体とそのオイルシールとの相性が悪い
5.軸が削れてしまっている(オイルシール自体には問題なし)
6.軸が何かの拍子で若干曲がってしまっている(オイルシール自体には問題なし)

>> 今回のコタニ提案内容は? 続きはこちらをご覧ください。

シールが組み込まれている機械設備のメーカーさんは、
機械設備の専門会社であり、シールの専門会社ではありません。

私たちコタニは、シールの専門会社であり、課題解決の手助けができます。シールに関して、何かお困り事がありましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。お待ちしております!

 

シール関連情報

シール専門ニュース(2019年8月26日)
>> Oリングの削りカス問題。内径側に○○をつけたOリングで解決!
シール技術入門(2019年12月1日発行 NO.03-70)
>> 新シール概論(2)メカニカルシール(3)

★2020年2月26~28日 インターフェックス大阪に出展いたします★

耐薬品性に優れた商品やUSPなどの海外規格を取得したOリングを展示いたします。また、業界初の無電極ランプの防爆仕様の展示に加え、無電極ランプとLEDの違いも実機にて確認いただけます。
インターフェックス大阪 公式サイト
ご希望の方に、無料ご招待状をお送りいたします。下記フォームよりお申込みください。
皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

◎ 小冊子「シール基礎ガスケット編」をプレゼント致します!


ご希望の方は下記フォームよりご請求ください!

小冊子ご請求/展示会招待状のご請求/お問い合わせはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

 

コメントは利用できません。