こんにちは!コタニの営業担当、西村です。
今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

 

さて、先日、とあるお客様にシール施工技能のトレーニングが受けられるシールトレーニングセンターをご紹介させていただきました。

このシールトレーニングセンターというのは、私たちが販売店をしております大手ガスケットメーカー、株式会社バルカーが運営する施設です。

ご紹介させていただいたそのお客様というのは、とある工業団地の中で排水処理や動力の供給をされている会社様。当社からよくガスケットをご購入くださっているのですが、先日、担当者の方から、こんなお話を伺ったのです。

「ガスケットを取り付けるときに、ネジを締め付けすぎてしまうんです・・・」

 

詳しく聞いてみると、

締め付けトルクが強すぎて、ガスケットが割れてしまったり、それが原因で漏れてしまったりということが、最近になって、多くなってきたとのこと。

 

そこで、私からご紹介させていただいたのが奈良県五條市にありますシールトレーニングセンターでした。

実は、私自身、今年の3月にコタニの他のメンバー3人といっしょに、こちらのシールトレーニングセンターに行って、実際に、トレーニングを体験してきました。

こちらのシールトレーニングセンターで、どんなことが行われるかと言いますと、まず、午前中にガスケットの概論について、座学で講義を受けます。

そして、午後から、実際の締め付けトレーニングです。フランジなどがその場に用意されておりまして、そして、どれだけ締め付けたかの数値が表示されるディスプレイを確認しながら自分で締め付けていくのです。

シールトレーニングセンターの方がおっしゃっていました。

普段、現場にいらっしゃる方は、数値を確認して締め付けるというよりは、感覚や、これまでの経験から来る勘で締め付ける方が多い。また、最近は、その現場で団塊世代の方が引退し、人手不足もあって、技術の伝承という面が、どこの工場さんでも課題になっている。

そこで、このシールトレーニングセンターを活用すれば、まず、ベテランの方も締め付けすぎていたなということを確認していただけ、また、若手の方はどれくらい締め付けたらいいのか、数値を確認しながら、その感覚を体に染みこませることができる。

私からさっそくお客様に、ご紹介させていただいたところ、とっても興味を持ってくださり、すぐにでも行きたいとおっしゃっていただけたのですが、シールトレーニングセンターに確認を取ってみたところ、年内は、ほぼ満席。最短でトレーニングの予約が取れるのが、年明けとのこと。

実は、こちらでトレーニングが実施されているのが、週に1、2回で、また、1回につき定員が6名ほどなのです。

東京にも同じ施設は1カ所ありますが、全国に2カ所だけ。全国から応募も多いらしく、紹介させていただきましたお客様は未だ調整中となっております。ただ、キャンセルもときどき出るようで、その場合は、早めに受けられる可能性もあります。

というわけで、こちらのシールトレーニングセンターにご興味がある方は、窓口でもある当社にお問い合わせください。空き状況等、すぐに確認させていただきます!お待ちしております!

コタニ営業担当

西村勇哉

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。