こんにちは!コタニの営業担当、蓬莱(ほうらい)です。
今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

さて、前々回の記事で弊社代表が書いておりましたが、
私も英国のノーザンエンジニアリング社(以下、NES社) に
訪問してきました!

初めて訪問したNES社、一番印象に残っているのは、
工場がとにかくきれいだったということです。

クリーンルームももちろんありましたが、
普通の工場内がものすごくきれいでした。

ゴムを取り扱っていますので、
ゴムのカスが落ちているかと思いきや落ちておらず、

また、生じた熱や蒸気によって
様々な道具が汚れているかと思いきや汚れていませんでした。

通常、こういった工場ですと、
汚れているのが当たり前のはずが、

そういったものがどこにも見当たらないほど
きれいに管理されていました。

というわけで、

今回、私からご紹介させていただきますNES社の製品は、
前回、塩田がご紹介いたしました「インフラッタブルシール」の続きで
「アストラシール(ASTRA SEALS®)」です。

(アストラシールの写真かパンフレット等に掲載されている画像)

弊社にNKリングというものがあります。このNKリングは、ゴムのOリングで
テフロンが被覆されているのですが、こちらのアストラシールは、シールの中が
ゴムではなく、SUS302のスプリング(バネ・コイル)です。

そのため、普通のゴムのOリングでは難しい極低温域にも対応でき、
-250℃の環境でも使用可能という特徴があります。

航空宇宙技師が要求するような液体酸素等の厳しい環境や、
液体窒素や液体水素といった流体に対応するために
NES社によって開発された製品です。

もちろん、極高温域にも対応しておりまして、
使用可能な温度帯は、

FEP/Astra = -250℃~204℃(-420F~428F)
PFA/Astra = -250℃~260℃(-420F~500F)

です。

航空、宇宙という分野が想定されますが、
身近なところで言えば、メタルOリングの代替品としての使用が
考えられます。

少しでもご興味がある方は、お気軽に
私、蓬莱までお問い合わせいただければと思います。

お待ちしております!

コタニ営業担当
蓬莱優貴

コメントは利用できません。