こんにちは!コタニの塩田です。
今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

さて、前回の記事で弊社代表が書いておりましたが、
先日、私もいっしょに英国のノーザンエンジニアリング社(以下、NES社) に
訪問してきました!

関西空港からオランダのアムステルダム空港を経由して
英国のマンチェスター空港へ。

そこから電車でNES社のある工業都市シェフィールドに向かいました。
今回、私はNES社への訪問は初めてでした。

さっそくNES社の方々と丸2日間の打ち合わせをしたのですが、
その中で、NES社の方から、よく出ている商品としてお話があったのが、

すでにコタニとしても多くの実績がある
NKリング、NKジョイントリング、一部金型成形品、

そして、今回ご紹介いたします「インフラッタブルシール」と
蓬莱がご紹介する「アストラシール」でした。

インフラッタブルシールというのは、
空気を入れて膨らませて使うシールです。

通常のシール材は圧縮される反発力でシールしますが、
インフラッタブルシールは中空になっているゴムに空気を入れ、
内側から圧力をかけてシールします。

新幹線が駅に到着し、ドアが開く直前に、「ガチャ、シューーーッ」と
空気が抜ける音がしますが、あのようなものです。

このインフラッタブルシールは、
ゴムの普通のOリングのその大きさや重さではスペース的に
取り替えが困難な場所などで使いやすいシールです。

また、そのNES社製インフラッタブルシールの特徴を
簡単にまとめますと、以下のようになります。

【特長】
・シール面に凸凹があっても馴染む
・増し締をしなくても使用できる
・ゴム部から空気口まで全てNESで製造
・NBR、FKM、EPDM、VMQなど様々な材質で製造可。
FDAやUSPに準拠した材質、金属含有の材質、ご希望の色で製作できる

それから、NES社の方からは、NES社製のインフラッタブルシールは、
空気を入れる金属部品を差し込んでいるその空気口のつなぎ目に特徴があり、
他社のものより裂けにくいというお話でした。

現在、このNES社のインフラッタブルシールについても
詳細を掲載する予定の新たなホームページを制作中です。

また完成いたしましたら、お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、初めてNES社に訪問した感想を・・・
今回私たちが訪問することをとても歓迎してくださったのがとても嬉しかったです。
ウェルカムボードや打合せ工場見学の準備、ディナーやシェフィールド近くの観光地へもアテンドいただきました。


チャッツワース・ハウス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9

NES社の皆さんは役割分担をしっかりされていましたが各部門での協力体制も感じました。そして皆さん明るい!お食事のときも楽しい時間を過ごすことができました。

今後私はNES社紹介のHP製作に取組みます。
今回直接見せていただき、聞いた内容を皆様に分かりやすく伝えられるよう思考中ですので楽しみにお待ちいただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

(塩田さん似顔絵イラスト)

塩田しおり

コメントは利用できません。